決済代行を利用するときのメリットとは?

ショップ運営者にとってはお金の管理がしやすくなる

オンラインショップなどを運営している人が決済代行サービスと契約するメリットはいろいろとあります。カード会社と個別に契約を結ぶ必要がなく、決済代行サービスでクレジットカードを使えるようにすれば複数のカードブランドでの支払いを受けられるようになりますし、入金のタイミングも合わせられるので管理がやりやすくなります。
また、コンビニ払いやペイジー払い、あるいはポイントカードを利用した支払いなど、マイナーな決済方法にも対応しているのでいろいろな客の要望に応えることが可能です。
さらに後払いでの決済を採用した場合、もし客が支払いを行わなかったときは決済代行サービスが入金催促などのフォローを行ってくれるのも便利といえるでしょう。

客にとってはカード情報などが守られやすい

購入者の場合、ショップ運営者と違って決済代行サービスを自らの意思で選択できるとは限りません。というのは、ショップが用意しているカード決済やコンビニ決済が、ショップが直に行っているものなのか、それとも決済代行サービスによるものなのかは表面上なかなかわからないからです。
ただ、もしショップが決済代行サービスを利用していた場合、客にも当然メリットはあります。たとえば、クレジットカード決済を選択した場合、ショップの運営者に直接カード情報を教える必要がなく、決済代行サービスのシステムを通じて支払うことができるので、かなり安全といえます。というのは、決済代行サービスは個人の零細ショップ運営者と比べればプライバシーが守られやすいですし、運営している決済システムも強固だからです。

クレジットカードで決済するときは、クレジットカードの使用上限金額、口座の残高、その月にクレジットカードでいくら購入したかを確認することです。

© Copyright Payment And Settlement. All Rights Reserved.