決済代行を利用するときのデメリットとは?

コンビニ払い用の払込票がどの買い物分なのかわかりづらい

客の立場で決済代行サービスを利用してオンラインショップなどにお金を払う場合、どのようなデメリットが考えられるでしょうか。まず、複数のオンラインショップで買い物をし、そのすべてをコンビニ払いにした場合、送られてきた払込票を見ただけではどのショップのものかわかりづらいことがあり得ます。というのは、払込票に書かれているのは実際に買い物をしたショップの名前ではなく、決済代行サービスの名前が書かれていることが多いからです。したがって、コンビニ払いで決済する場合は払込票をため込まず、届いた順にどんどん支払いを行ったほうがいいでしょう。
また、コンビニでお金を払ったあとに渡される領収書はしばらく保存しておいた方がいいです。ショップから「まだ料金が支払われていない」という連絡がきたとき、それが事実か簡単に確認することができます。

クレジットカード決済時に大きな問題が発生することも

ネットからクレジットカード払いをしたとき、決済代行サービスを通すとトラブルが起きやすいというのもデメリットです。というのは、オンラインショップから決済代行サービスのシステムに遷移し、そこからもう一度、オンラインショップに戻ってくるという流れで決済が完了するため、そのタイミングでサーバートラブルや回線トラブルなどが起きると大きな問題に発展しやすいからです。たとえば、客がブラウザで再読み込みして二重決済してしまったり、決済したという情報がオンラインショップのシステムに通知されないといったことがあり得ます。
もし、一回しか購入していないのに二通の決済メールが届いたり、クレジットカード会社から利用メールが届いたのにオンラインショップのシステム上は未購入状態になっているといったときは、速やかにショップに連絡するといいでしょう。

コンビニの決済代行システムを使う事でオンラインショップでの販売力が上がるケースが多くあります。クレジットカードや振り込み、代引きに抵抗がある層を取り込む事が出来ます。

© Copyright Payment And Settlement. All Rights Reserved.