決済代行についての基本的な知識

自社が持っている決済システムを貸し出して使えるようにする

決済代行サービスとは基本的にどのようなものなのでしょうか。まず、決済代行サービスが必ず扱っているクレジットカード決済ですが、どんな店でも導入できるわけではありません。カード会社に申し込みを行い、審査を受けて、認められた場合にのみ決済に必要なツールを貸し出されてクレジットカード払いを受けつけることが可能になるのです。 ネットが普及してから爆発的に増加したオンラインショップの場合、実店舗がない分、カード会社による審査に通らないことがある上に、ブランドごとに申し込まないといけないのでその手間も大変です。こういったショップの需要を見越して増えてきたのが決済代行サービスです。決済代行サービスは、独自にカード会社と契約し、得た決済システムをオンラインショップに貸すという形でカード決済を使えるようにしたものです。

店と客の間を行き来してお金の受け渡しを行う役割を持つ

決済代行サービスと契約しているオンラインショップでクレジットカードを使った場合、カード情報がショップに渡ることはありません。というのは、入力されたカード情報は決済代行サービスのシステムに送られるようになっているからです。したがって、客が払ったお金はまず決済代行サービスが受け取ることになります。受け取ったという通知はショップに対してリアルタイムで伝えられ、その通知を受けてショップは商品を出荷します。 決済代行サービスを子供でもわかるように説明するならば、店と客の間を行き来してお金のやり取りを手伝う人ということになるでしょう。彼らは、店が代金を請求すると客の元に訪れて支払いを受け、手にしたお金から自分の報酬分を差し引いて店に渡しに行くという役割を担っているのです。

© Copyright Payment And Settlement. All Rights Reserved.